大阪消費者金融

全国即日融資対応

総量規制対象外

消費者金融の審査に落とされる理由は複雑ですが、大きく分けると二つになります。一つは過去の借金履歴において、信用情報機関のデータに事故情報が掲載されてしまっている場合です。通称「ブラックリスト」と呼称しますが、過去五年以内の間に、自己破産や個人再生などの債務整理をした場合や、支払いの遅延を繰り返していたりすると、ブラックとして登録されてしまいます。そして、もう一つの理由は総量規制の対象とされてしまう場合です。総量規制とは、2010年6月に施行された改正貸金業法に基づく法律で、年収の三分の一が個人の借入総額の上限とされ、これを超過すると新規の融資は出来なくされてしまうものです。この法律は、借金の返済に新たな借金をして返済する自転車操業者を防ぐのが目的ですが、実際はそういった顧客は闇金融に流れてしまっているのも現実です。

一覧表

審査基準は変わりません

但し、総量規制の対象となるのはキャッシングの枠についてであり、ショッピング枠おまとめローンなどには適用されません。また、銀行からの借り入れや事業資金としての個人での借り入れも対象外となります。総量規制が施行されて以降、消費者金融の申し込み時には収入証明書の提出を求められるようになり、専業主婦なども、夫の承諾書が必要になりました。何やら面倒な作業が増えてしまった感がありますが、基本的な審査基準は変わりませんので、今まで審査に通った人は借りれますし、今まで審査に通らない人は借りれないということです。