全国即日融資対応

消費者金融の今後

国内に消費者金融やキャッシング会社が誕生して半世紀近くになりますが、その間に様々な出来事が発生しました。その中でも一番大きな出来事は、1980年代に社会現象にまで発展した高利貸しと厳しい取り立て行為です。

これが元で、貸金業規制法が制定されたのですが、今でもサラリーマン金融に対する世間の目は冷ややかであると感じざるを得ません。

平成不況が継続する中で、メガバンクさえ上回るような営業利益をあげていた大手消費者金融も、今ではそのメガバンクの傘下となり、子会社化しています。

大阪市

今後、消費者金融業界はますますM&Aや都市銀行のリテール戦略によって、業界の垣根を超えた顧客争奪戦が繰り広げられるでしょう。

世界最大のノンバンクであるCEキャピタルは1998年に消費者金融大手のレイクと中堅金融会社のコーエークレジットを買収し、日本でのサラ金事業を本格化して消費者金融業界大手の一角に食い込むまでに発展しました。

一方、メガバンクももこれに続けとばかりに、消費者金融大手との合併や業務提携を積極的に展開したのです。

即日融資

時を同じくしてグレーゾーン金利による過払い金請求が多発したことから、資本の少ないキャッシング会社は淘汰され、今では大手メガバンク系の消費者金融が独占状態になっています。

といっても、彼らが相手にするのは優良顧客が中心で、借入件数が多い多重債務者などは、こういった大手ではなく中小中堅の金融会社となります。

したがって大手サラ金業者がいくら力をつけたとしても、中小中堅のキャッシングローン会社は消滅することはありません。